ガサガサにかかとが乾燥していると見た目も良くないですが、ストッキングをはいた時に伝線してしまうこともあり、コストもかさんでしまいますよね(><)

かかとの乾燥対策というと保湿クリームを塗ったり、軽石などやすりで削ったりする方法が広く知られています。

しかしこれらの方法はおすすめできなかったり、根本的な解決にはなりません。ですが私がおすすめする方法は根本的なケアができる物で、かつ年齢肌の対策も同時にできる一石二鳥な方法です。

かかとの乾燥対策

かかとの乾燥対策でおすすめできないものとその理由

軽石

まず保湿クリームや軽石などのケアがおすすめできない理由は以下の通りです。

保湿クリームや軽石がおすすめできない理由

  • 軽石でかかとの角質を削ると防御反応が起き、更に厚い角質が作られてしまう悪循環に陥りやすい
  • 軽石でかかとの角質を削っても一時的な解決策にしかならない
  • 保湿クリームを塗ると足裏がベタベタするため、床や寝具が汚れる
  • 保湿クリームでは表面上しかうるおいを与えられず、根本的な解決にならない

 

削っても外から保湿しても、土台である元のお肌が自ら潤わない限りかかとは乾燥し続けます。

というのも、かかとがガサガサに乾燥する原因はセラミドなどの保湿成分が不足するためで、セラミドなどの保湿成分は加齢と共に減少することが分かっています。

ですから、この失われていく保湿成分を内側から補い、お肌が自ら潤うようにしてあげることが根本的な解決に繋がるのです。

年齢肌のケアも同時にできる簡単なかかとの乾燥対策とは

セラミドなどの保湿成分を内側から補うためには、サプリメントが必要です。

これは年齢肌のケアも同時にできる方法なので、かかとの乾燥に悩みだす年齢の方にはとってもおすすめの方法です。

 

もちろんセラミドは食べ物からも摂ることができます。

セラミドを多く含む食品で有名なのはこんにゃく芋です。お米や小麦に比べて7~16倍のセラミドが含まれているといわれています。

しかし食事で1日に必要なセラミドを摂ろうとすると白米25杯、パスタ3皿といったように相当な量を食べなければならず、現実的ではありません。

ですから食事は食事できちんと摂り、その上でサプリメントで補うのが望ましいです。

 

サプリメントイメージ

 

おすすめのサプリメントは日清食品グループのモイストフュージョンです。

セラミド、ヒアルロン酸、亜鉛を一緒に摂ることで、加齢で減る成分をしっかり補いつつ、亜鉛が皮膚の健康に働きかけます。また、亜鉛はコラーゲンの合成にも役立つ成分です。

モイストフュージョンは1日2粒だけ飲めばいいというお手軽さや、続けやすい価格、定期購入に回数しばりがないという点も魅力的です。

 

内側からうるおうお肌になってくると、かかとのガサガサも解消されてくるでしょう。また、うるおいに満ちたお肌はハリ、ツヤに満ち溢れ、年齢を感じさせないばかりか、バリア機能が高まるので肌荒れもしにくくなります。

かかとのケアと一緒に年齢肌のケアもできてしまうサプリメントで、綺麗を手に入れましょう^^

 

【関連記事】